カメラとボクと時々...

カメラを大好きなボクがカメラのことを買いたいり、初心者向けの記事をたくさん書いているブログです

【買う前に読みたい】EOS 6Dmark2は本当に買いなのか?

 

 

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180719204735j:plain

こんにちは。カメラマンの七海です。

普段はFUJIFILMのカメラを使っているんですが、久々にキヤノンのカメラを使ったら肌色の再現に感動をしました。

はじめての一眼レフはキヤノンだったので、懐かしさを覚える画像エンジンの色です。

今回の記事では、キヤノンのフルサイズカメラ EOS 6Dmark2について、思うことを書きました。

購入を検討している方の考えのエッセンスになれば嬉しいです!

 

 

EOS 6Dmark2はフルサイズのエントリーカメラ!

 

EOD 6Dmark2はキヤノンから出ている、フルサイズセンサーを搭載した一眼レフカメラです。

フルサイズ一眼レフは、価格が20万円〜から販売している事が多いです。
16万円で手に入れる事ができる6Dmark2は、比較的購入がしやすく、フルサイズのエントリー機とも呼ばれています。

エントリー機と聞くと、機能が不十分なイメージや足りないのではないかと思うかもしれません。

僕的には必要十分な一眼レフだと思っているので、実際に機能を見ていきましょう!

 

 

AF範囲が前機種から劇的に進化した!

前モデルの6Dでは、AF観測点が11点だったのですが、MarkⅡでは45点と大幅にアップグレードされています。

いままでは中央にフォーカスを合わせないといけませんでしたが、観測点が増えたことで、使いやすさが向上しました。


人の肌を綺麗に撮ってくれる

キヤノンの一眼レフの売りといったら、肌が綺麗に撮れることです。
これは肌の色にマゼンタの色をまぜることによって、見た目以上の綺麗さを描写してくれるからなんですね。

フルサイズのセンサーと相まって、そこにいるかのような立体感を出してくれます。

女性や子供の写真を撮るときには、特に喜ばれそうな絵作りだと思います。

タッチ式バリアングルモニターで様々な撮り方ができる

キヤノンのフルサイズでは初の可変式液晶、バリアングルモニターが搭載されました。

これによって、ハイアングル、ローアングル、様々な角度からの撮影ができるようになりました。

自分撮り撮影ができるのも嬉しい点ですね。

また液晶はタッチパネルなので、直感的に操作することが可能ですよ!

 

軽くコンパクトなので女性にもおすすめしたい

キヤノンのフルサイズ一眼レフの中では、断トツで軽いです。
5DmarkⅣとは約200g程重さが違うので、女性が使う事を考えても、扱いやすいと思います。

6Dではフルサイズならではの、軽さで女性カメラマンに人気を博していました。

 

グリップが持ちやすく進化

更に前機種に比べ、グリップ部分が深くなっているので、とても持ちやすく感じました。

質量は5gほど、重くなっていますがソレを感じさせない人間工学的なデザインです。

 

 

レンズキットは絶対に買ってはいけない!

フルサイズの良さが味わいにくい

6Dmark2は単焦点レンズとあわせて、最初は買うことをおすすめします。

理由は...

  • 単焦点レンズの開放値が低いので、大胆なボケが体感できる
  • 画角が決まっているので、写真力向上に繋がる
  • 同じ値段を出したら、画質と性能の良いレンズが買える
レンズキットは本当に買ってはだめ?

といえど、レンズキットのEF24-70mm F4L IS USMはいいレンズ。
風景や旅行での撮影を目的にしているのであれば、ベストなチョイスと言えそうです。

 

 


6Dmark2では高感度性能が上がってはいますが、夜間での撮影はノイズが走る前提で撮影をしたほうがよいかとおもいます。

24-105mmの高倍率ズームは、個人的にはあまりおすすめしません。

 

6Dmark2と合わせて買いたいレンズ3つ

1.コスパ最強な入門単焦点 EF50mm f1.8 STM

f:id:RYUSEI-CAMERA:20181126010419j:plain

 

キヤノンの単焦点レンズの中で1番買い求めやすく、標準的な画角をもつレンズ。

F1.8から生まれる、大きく美しいボケは一度知ってしまうともう戻れません。

重量も160gと驚くほど軽いので、1日中付けっぱなしにしていても、疲れませんよ。 

 

レンズに最初からお金を出せないなら、これがオススメ。

 

 

2.肌の透明感を表現したいなら SIGMAart50mmF1.4

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180821190728j:plain

高画質、高品質に徹底して作られているシグマのartライン、大口径標準レンズ。

サードパーティー(非純正)ながら、AFは高速。画質も中判カメラのような広い階調性はカメラのダイナミックレンジをフルに発揮してくれる。

子供や女性の肌を透明感のある描写は、他のレンズでは味わうことができません。

開放で撮影をしても、ピントが合った部分はしっかりとシャープに、そしてなだらかに大胆にボケ。人物の立体感は、そこにいるのかと思わされます。

 

 

 

3. EF85mf1.4L IS USM

f:id:RYUSEI-CAMERA:20181126010406j:plain

2017年にリニューアルされたばかりの、高画質と機動性を両立した中望遠レンズ。

動きの早いウェディングフォトグラファーの要望を詰め込んだため、85mmでは初の手ぶれ補正機能IS機構が採用されたんです。4段分補正してくれるので、三脚の必要がなくなります。腕力に自信がない人でも気軽に使えますね。

キヤノン独自のコーティングを施しております、画質に影響のある、フレアやゴーストは大幅に抑制されいます。

F1.4と被写界深度が浅いため、ピント合わせが...と思うかもしれません。キヤノンの持ち味である、AFの正確さと高速さで気にしなくていいほどの、心地よい使い心地を提供してくれます。

 

 

EOS 6dmark2はフルサイズ入門機として買いだと思う

僕がEOS 6Dmark2を買いだと思うわけ

  • フルサイズ一眼レフに欲しい機能は十分持っている
  • リニューアルされたばかりなので後継機は当分先
  • フルサイズ一眼レフの中では軽い

これらのことから、僕は6Dmark2はフルサイズ入門機として、とても買いだと思います。