カメラとボクと時々...

カメラを大好きなボクがカメラのことを買いたいり、初心者向けの記事をたくさん書いているブログです

キヤノンとニコンはどっちがいいの?プロがあなたのおすすめを教えます!

f:id:RYUSEI-CAMERA:20190104171745j:plain

「ニコン」なのか「キヤノン」なのか。

どちらが優れていて、どっちがすぎょいカメラなのか。

売上はどちらが上なのか... 

どちらを買っていけば得なのか....

 

 

こんにちは、カメラマンの七海です。

さて今回は、一眼レフの二大巨塔であるキヤノンとニコンは、どちらが優れているのであろうか問題を解決していこうと思います。

本当によくきかれるんですよね。どっちが優れてるの?どっちかっておけばいい?

年に30回は絶対に聞かれていること。

さてその戦いに、終止符を打つためにこのブログを書きました。

ふむふむそんな考え方があるのか、確かに。。

と思ってもらえたら嬉しい限りです。

 

この記事の内容はぁぁぁぁぁぁ!!!

  • ニコンキヤノン問題の僕の意見
  • 一眼レフメーカーの選び方
  • キヤノン、ニコンで今買うならプロのオススメは

 

 

どちらのメーカーが優れているなどはない!

キヤノンとニコンどっちが優れていると思いますか?。

一眼レフの購入を考えている人、カメラマン、これよく聞かれるんです。
もちろん優れているものを買いたいと思うのが、人間の心理ですしね。

僕はどっちが優れているとか、No.1ってないと思っている派なんです。

それぞれに長所と短所があって、いいところが違うんですから。

 

もう1つ、言い切れること。どちらも優れたカメラメーカーだということです。

 

なんて言い切りつつも、でも買うときに参考にしようと思った方もいらっしゃいますよね。

ニコンかキャノンか悩んだら撮りたいものを考えてみる

 

メーカーを選ぶとき重要なポイント 

「どちらの一眼レフを買えばいいんだろうか...」

そう悩んだなら、はじめに考えることは1つだけです。

自分はカメラを買って、何を撮りたいのか...と考えてみましょう。

これを考えるだけで、自分と相性の合う一眼レフが絞れてくると思います。

カメラにも得意不得意がある

一眼レフも人間と同じで、得意不得意が存在します。

人の肌を綺麗に撮るカメラ、風景を人間の目よりも解像してくれるカメラ。
なんでもこなせるような機種も存在しますが、そういったものは極限に高いので、おすすめしません。

スポーツが得意な子もいれば、体を動か貸すのは苦手だけど、勉強が得意な子もいますよね。

自分が得意なことを存分に発揮できる、状況にあててあげるとカメラもスペックをフルに活かせます。

 

次の項からは、キヤノンとニコンの一眼レフの特製とどんな人に向いているか説明していきたいと思います。

人物や子供を綺麗に撮りたいならキヤノンがおすすめ

キヤノンは人肌が綺麗に写ることを追求してきたから

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180625181458j:plain

キヤノンのカメラの特徴は、人の肌をとにかく美しく描写するセンサーであることです。

ハイライトの階調性が優れており、明るく撮影をしても白トビしにくいのが特徴。
肌の質感は残しつつ、明るく撮ることができるんです。

肌色の再現にマゼンタを混ぜているので、日本人の黄色味がある肌でも、白く美しく見えるんですよ。

結婚式・七五三のカメラマンはキヤノンが多い

ハイライトの階調性が多いこと、多くの人に喜ばれる色再現が人気な点から、結婚式や七五三のカメラマンさんも多く使っています。

AFも高速で正確なので、商業向きの一眼レフともいえるかもしれません。

 

画素数が欲しい人は物足りなさを覚えるかも

人肌を撮らせれば、文句の言いようのないカメラであることは間違いないのですが。
画素数が高いカメラを探しているなら、物足りなく感じるかもしれません。

もちろん高画素機も存在しますが、あまり評判がよくなくおすすめできません。

よく使われるプロ機の5Dmark4も3040万画素数と、他社と比べるとそこまで高画素機とはよべません。

高画素機の一眼レフがほしいと思っているなら、キヤノンはおすすめしませんよ。

キヤノンおすすめの一眼レフ3つ

1.透明感のあるポートレートを撮るなら EOS 6Dmark2

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180719204735j:plain

価格:155,000円

キヤノンのフルサイズ機の中では、発売されてからそんなにたっていないカメラ。

フルサイズセンサーから生み出される、被写体の立体感とキヤノン特有の肌の透明感は絶品です。

フルサイズのラインナップの中でも、手の出しやすい価格帯。
いきなり20万円もだすのは怖いなと思っている人には、うってつけの一眼レフといえるでしょう。


高感度も優れており、暗所等の撮影も綺麗に撮影することが可能。
キヤノンフルサイズの中では軽量なので、女性の腕力でも振り回しやすいです。

ポートレートの作品や風景などを、じっくり撮りたい人には最適のカメラでしょう。

 

 

2.スマホに気軽に送ってSNSに投稿するなら CANON EOS KISS x9

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180719205153j:plain

価格:56.900円

一眼レフで間違いなく最軽量なモデルです。兄弟機にx9iもありますが、買うなら絶対にx9がおすすめです。

 

丁寧なガイド表示や簡単撮影モードが付いていて、ダイヤルを回せばシャッターを押すだけで、綺麗に写真を撮ることができます。

機械が苦手な人にも気兼ねなく使用できるカメラです

スマホ転送も簡単で、はじめに設定をしてしまえば、電源をつけるだけで自動でスマホと連動してくれます。
すぐにSNSに写真をあげたり、友人たちにも写真を共有可能。

バリアングル液晶(動く背面液晶)で、タッチで直感的に操作できるので、女子カメラにも絶対的におすすめしたいです。

もっと詳しく知りたい人は

EOS Kissx9ってどんなカメラ??

 

 

3.なんでもござれのプロカメラ CANON EOS 5DmarkⅣ

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180719204915j:plain

キヤノンの一眼レフでプロの使用率が高いカメラがコレ。
ウェディングの現場やグラビアの写真をはじめ、僕らが目にする多くのものがこのカメラで撮られています。

3040万画素(スマホの約3倍)の高画質や、幅広くカバーされているAF観測点など、何を撮影するにしても、全てカバーできます。

高水準な機能を積んでおり重いので、スマホ感覚で手軽に撮影したい人には向いていません。

プロのように撮影機材にも妥協をしたくない人はオススメのカメラです。

 

 

CANONはこんな人におすすめしたい!

  • 透明感のある肌でポートレートを撮りたいと思っている人
  • ハイキーな写真が撮りたい人
  • 広告のような写真が撮りたい人

 

風景や作品作りが撮りたいならニコンがおすすめ

忠実な色再現と圧倒的高画質

ニコンの一眼レフはね、忠実に色を再現することに優れているんです。
人の肌は少し黄色味が強く写るので、日本の女性には好まれない色味かもしれませんね。レタッチをすれば話は変わってきますが。

忠実な色再現と、一眼レフの中ではずば抜けた高画質を持ち合わせています。
風景を精細にうつしたいとき、物撮りで質感を残したいとき、そのようなときはずば抜けたパワーをふるまうスペックとなるんですよ。

対抗馬の5DmarkⅣに比べると、nikon D850は1500万画素数ほどリーチがあります。

またRAWの階調性が優れているので、明暗差にも強いですね。

 

NASA公認の堅牢性

ニコンの一眼レフを語る上で、外せないのは一眼レフの堅牢性についてでしょう。

使用ユーザーから、選んで良かったと思うことをきくと、大体この話を聞きます。
他のメーカーに比べて故障が少ないから、他の機材にお金が回せて嬉しい、など。

それもそのはず、月に連れて行かれたカメラもニコンの一眼レフだったんですよ。
NASAお墨付きの堅牢性ということです。

高スペックなカメラが多いのでPCスペックも必要

「NIKONの一眼レフすごくいいなぁ、、よしキミにきめた!」

と思った方、最後に1つだけ注意点を!!

ニコンの一眼レフは高画素機も多いので、写真1枚のメモリがとても重い。
写真加工を考えているのなら、PCのスペックもある程度必要になってきます。
軽い写真をいじっていても、フリーズしてしまうようなPCは間違いなくレタッチに膨大な時間がかかってしまうことになるので、気をつけてください。

(この際にPCも買い替えてしまうっていうのも、手ですけどね...!!)

 

ニコンおすすめの一眼レフ3つ

1.一眼レフの現完成形であり未来の形 D850

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180720102743j:plain

このカメラは現時点での一眼レフとしての完成系。

フルサイズであり4575万画素の高画質、街でスナップ撮影をした時、四隅に写っている遠くにあるいている人の姿までくっきり見えるほどです。

高画素のカメラでよく問題になる、手ブレが目立つ点も、ミラーレス一眼のように電子シャッターを使用できることにより解決しています。

人の目に更に近くなった、幅の広いダイナミックレンジは本当にすごい。
一眼レフの中ではダントツの階調再現性を持っているので、風景の陰影を自然に捉えるならベストのカメラと言えるでしょう。

長年ニコンのユーザーを悩ませていた、肌の再現性はD850で完全に解決しました。忠実かつ綺麗な肌色を再現しています。

ミラーレスを主流に発売している他社では絶対に作れない、Nikonの技術力を全て集約したカメラです。

 

2.スポーツや動くものを撮りたいならNikon D500

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180720102931j:plain

フラグシップ機のD5のAF性能を受け継いだ、3桁機。
センサーがAPS-Cなのでレンズの焦点距離が1.5倍になります。
200mm→300mmと望遠レンズが超望遠レンズとして使えたりなど、開放値不変動のコンバーターとしても使えます。

AFの食いつきは、ミドルクラスの中では断トツとも言われています。
また観測点がとても広いので、スポーツなどの不足変動的な動きにも獣王に対応します。

2088万画素とスマホの2倍ほどの画質があるので、A4サイズの印刷であれば問題なく印刷することができますよ。

スポーツをはじめ運動会、または鉄道や飛行機の撮影などにも適しているカメラと言えます。

 

3.フィルムカメラのように嗜好性が高く直感的に操作をしたいなら Nikon Df

f:id:RYUSEI-CAMERA:20180720103043j:plain

プロ機のD4と同等の高画質なフルサイズセンサーをつんでいます。

フィルムカメラを使っていた人は馴染みがある、軍幹部のダイアルで撮影設定を行えるので。直感的に操作が可能!

ダイヤル式の操作に慣れていない人には、うってつけの操作系といえそう。

このカメラの良さは、クラシックで熟成されたルックスにあるといえます。
機能がだめでも形だけで、十分。持っているだけで最高!というニコンラバーたちが買っていったのをいまだに覚えています。

機能的には、秀でて優れているとは言えません。
じっくりと写真と向き合い撮影をしたい人に向いている一眼レフ。

他のメーカーも比べたくなったら

【2019年】一眼レフのメーカー特徴まとめ